たかた・こうへい 1961年生まれ。85年東京大学法学部卒業、三井物産入社。基礎化学品業務部長、執行役員食料・流通事業業務部長などを経て、2018年4月から現職。(撮影:梅谷秀司)
三井物産の非資源分野において、利益成長のカギを握るのがアグリカルチャー事業だ。同事業は化学品事業の一部門で、化学品の中でも着実な成長が見込まれている。今後3年間、どう攻めるのか。高田康平・執行役員ニュートリション・アグリカルチャー本部長に聞いた。

──アグリ事業は三井物産の成長戦略において、どのような位置づけなのでしょうか。

ニュートリション・アグリカルチャー本部ができたのは2016年4月のこと。化学品と食料にまたがる領域で新たな収益基盤をつくるべく展開してきた。世界人口が50年には100億人に近づくといわれる中で、食料増産は世界的課題として避けて通れない。

アグリ分野はまさに人々の生活に不可欠なエッセンシャルビジネスの1つだ。

三井物産におけるアグリ事業は、現状では資源事業ほど収益インパクトは大きくないが、しっかり伸ばして当社の成長を下支えしていきたい。

──具体的にどのようなビジネスを進めているのですか。