不祥事でミソをつけてしまった(撮影:梅谷秀司)

2013年12月、金融庁は全国の地方銀行の頭取に、「金融機関の将来にわたる収益構造の分析について」という1枚のペーパーを配った。

縦軸に各地銀が基盤を置く地域の将来の市場規模の縮小度合いを、横軸に現状の収益性を取ったグラフに、それぞれの地銀が点でプロットされたものだ。

通称、「森ペーパー」。金融庁の検査局長だった森信親氏が作成したもの。今のままでは地銀に将来がないと、再編を含めた生き残り策の策定を地銀に迫ったものだった。

それまでも金融庁は、折に触れて再編を求めてきたが、銀行からは、なしのつぶて。業を煮やした森氏が、客観的なデータを基にしたペーパーを突きつけ、逃げ道をふさいだというわけだ。

その後、森氏は金融庁長官に就任、地銀に対してさらに強硬に再編を迫った。これには、選挙区をバックにした政治家たちが猛反発。そのとき、森氏を全面的にバックアップしたのが菅義偉内閣官房長官(現首相)だったのだ。

「菅・森ライン」。2人の蜜月ぶりはそう呼ばれるほどだった。官房長官の後ろ盾を得た森氏に逆らえる者などいるわけがない。抵抗してきた地銀は次々に陥落、再編への道を歩まざるをえなくなった。

発言の裏に森元長官