早稲田大学教授 中林美恵子
なかばやし・みえこ 大阪大学で博士号(国際公共政策)。米ワシントン州立大学大学院で修士号(政治学)。1993〜2002年に米連邦議会上院予算委員会正規スタッフ。09〜12年衆議院議員を経て13年早大准教授、17年から教授。(撮影:梅谷秀司)
安倍晋三前首相とトランプ大統領は比較的良好な日米関係を築き上げたが、バイデン政権の誕生は、日米関係を大きく変えることになるのか。早稲田大学の中林美恵子教授の分析は。

今回は「コロナ選挙」だったといっていい。トランプ氏の新型コロナウイルス対策が再選を阻んだ。コロナ前は失業率も低く、トランプ氏の楽勝ムードもあったが、コロナによってトランプ氏の現職としてのアドバンテージも食われてしまった。トランプ氏への反発がそうとう強かったことを物語る。

トランプ氏の逆転の可能性については、あっても5%ぐらい。トランプ氏は「最高裁まで争う」と主張するが、最高裁判事は任期が終身で、先例や憲法、良心に従って評決するはず。2000年の大統領選の際、フロリダ州での再集計を認めなかった最高裁判決が先例になることも考えられる。裁判による逆転の可能性は極めて低い。