福島県いわき市は県の東南部、南で茨城県に接する位置にあり、太平洋に面して約60キロメートルの海岸線を有する。東北地方では宮城県仙台市に次ぐ人口約33万7000人の中核市だ。かつては炭鉱の街として栄え、常磐炭鉱は明治から高度経済成長期までの日本経済を支える重要な役割を果たした。

JR常磐線は炭鉱から掘り出した石炭を首都圏に輸送する鉄道として整備された。小名浜港も鉱物資源を中心に国内外の輸送を受け持ち、重要な港湾として発展してきた。同港の昨年の年間貨物取扱量は1592万トンだ。道路は国道6号に加え、1988年に常磐自動車道いわき中央インターチェンジも開通し、首都圏への交通利便性は優れている。

また、2015年3月には上野東京ラインの整備により、常磐線が東京駅、品川駅への直通運転を開始。特急を使えばいわき駅から東京駅まで2時間半ほどになった。