少し気が早いが、2021年の世界経済はどうなるのだろうか。コロナ禍や米大統領選挙の混乱でも堅調だった世界の株式市場がいよいよ暴落するのではないか、と心配している。

世界的な株価暴落、あるいは信用収縮は7年周期という説がある。古くは1973年の第4次中東戦争に端を発した第1次オイルショック、79年のイラン革命をきっかけにした第2次オイルショック、87年のブラックマンデー、94年のメキシコ通貨危機とオレンジ郡財政破綻と、実際にほぼ7年ごとに危機が訪れてきた。

日本では94年よりも97年のアジア通貨危機の印象が強いかもしれないが、欧米を含む世界の株式市場への影響は94年のほうが大きかった。そして、00年のネットバブル崩壊、07年のパリバショックから08年のリーマンショックと続くわけだ。