新型コロナの無料検査センター(カリフォルニア州)。予約なしでPCR検査が受けられる(AFP/アフロ)

「アメリカは間違った方向へ進んでいる」。10月28日にそう語ったのは、米国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長である。トランプ大統領が、事あるごとに「アメリカのコロナ禍は峠を越した」と楽観論を繰り返すことに対する警告だ。「このままでは、感染者数、入院患者数、死者数の面でアメリカは大きな痛みを味わうことになる」とファウチ氏は語った。

米国は10月中旬以降、新型コロナウイルス感染の第3波に見舞われている。10月末には1日の新規感染者数が10万人近くに上り、死者も1000人近くになった。11月初めの時点で、累計感染者1000万人、死者は23万7000人。来年1月半ばには、1日の死者が2200人に達するという推計がある(米ワシントン大学保健指標評価研究所による)。

第3波の特徴は、感染が全米に広がっていることだ。今年春の第1波ではワシントン州などの北西部州と東部のニューヨーク市が、夏の第2波ではルイジアナ州やミシシッピ州など南部州が中心だったが、今回はほぼ全米に及ぶ。