米アマゾンが9月に発表したクラウドゲームサービス「ルナ」は月額約600円

世の中がDXの大波にさらされる中、デジタル技術に支えられてきたゲーム業界も大きな変革期にある。その火付け役が「クラウドゲーム」だ。米グーグル、米マイクロソフトに続き、9月には米アマゾンが参入を発表した。

11月12日に発売が迫るソニーの「プレイステーション5」のように、これまでのゲームはパッケージソフトを購入するか、一度スマートフォンなどにダウンロードしなければプレーできなかった。しかしクラウドゲームは、ネット経由でストリーミング配信される。ゲームの画像処理やデータの保存はクラウド側で行われるため、ゲーム機は必要ない。

注目すべきは、参入企業が3社とも世界規模のクラウドベンダーということだ。データセンターでの高速処理と低遅延のネットワークが必要になるため、自前のインフラを持っていなければ展開が難しいのだ。例えばグーグルのクラウドゲームサービス「スタディア」では、ゲームを配信するクラウドとプレーヤーとの間に小規模のデータセンターのような処理設備を設置することで、配信速度を強化している。

定額制のエンターテインメントサービスは、音楽業界が早かった。CDを一枚一枚販売する形式だったものが、米アップルが「iTunesストア」を立ち上げたことでダウンロードが主流に。さらに「アップルミュージック」のような音楽ストリーミングサービスに進化し、月額1000円程度を支払えば聴き放題になった。映画やドラマの世界でも、DVDが「ネットフリックス」のような見放題サービスにあっという間に取って代わられた。これらと同じことが、ゲームでも可能になるのだ。雑誌や新聞、書籍でも不可避だろう。