歴史たどり、用語の混乱整理 本筋は米国流の革新主義
評者/関西大学客員教授 会田弘継

『リベラリズム 失われた歴史と現在』ヘレナ・ローゼンブラット 著/三牧聖子、川上洋平、古田拓也、長野 晃 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] Helena Rosenblatt 1961年生まれ。米コロンビア大学から博士号取得。ニューヨーク市立大学教授。歴史学、政治学、フランス学専攻。著書に『ルソーとジュネーヴ』『リベラルな価値』、共編著に『フランス・リベラリズム』『ルソーとともに考える』など。

リベラルって何、と改めて問われると、はたと困ってしまう。自由主義者を指すのだろうが実は革新派だ。日本の政界を見渡すと、党名に自由を冠する与党にはリベラルを堂々と名乗る人は少なそうだ。むしろ保守を掲げる。リベラルを名乗るのは野党で、旧社会党系に多い。でも社会主義は自由だろうか。

これはどうも本家本元の欧米での混乱を映しているようだ。米国では民主党、中でも社会主義を標榜するサンダース上院議員のような人が、とてもリベラルなのだ。

本書は、リベラリズムをその言葉の発生からひもとき、その発展の歴史を丁寧に解きほぐし、こうした混乱の理由を明らかにしてくれる。目からウロコの説明があふれる。その過程を通じて、真のリベラリズムとは何かを探り、その活性化を訴える。

リベラルという言葉が意味したのは、古代ローマ時代から、つい19世紀半ばまで「与えることを惜しまない寛容さ」だった。本書で議論するようなリベラリズムという複雑な「一群の思想」が生まれたのは、フランス革命とその後の同国の混迷期である。本書では「リベラリズムは英米の伝統」という漠然とした常識は覆される。

著者が描き出す、フランスにおける1789年から1870年までの4つの革命の中で発展するリベラリズムと、ドイツ、英国、米国を絡めての論争史は、めくるめくようで面白い。政府の役割で見ると自由放任主義と介入主義の2つの系譜が生まれた。

米国で「リベラリズム」という言葉が一般的に使われるようになったのは、20世紀初頭に資本主義の改革が始まった頃からという。意外と最近だ。リベラルが自由放任でなく、むしろ社会主義的な改革を進める革新派を指す言葉になったのは、この頃からだ。

哲学者デューイは、政府の介入で平等を促進し、金権政治と戦うのが米国本来のリベラリズムだと説いた。その源は19世紀後半にドイツに生まれた「倫理的経済学」だという。近代史で常に反リベラルとされたドイツに、米国の革新主義リベラリズムのルーツがあるというのは興味深い。

その革新主義は「優生学」を熱心に支持し、リベラルな価値観を広める帝国主義と結びついた。革新主義の暗い一面だ。冷戦期には全体主義に対抗し自由放任や個人主義のリベラリズムが勢いを得た。だが、「寛容」の精神につながるのは革新主義だ。それがリベラリズムの真の伝統であり、今日の世界に必要だという著者の主張にはうなずける。