フランシス・フクヤマが新たに立ち上げた『アメリカン・パーパス(米国の目標)』のサイト

『歴史の終わり』などの著書で知られる政治思想家フランシス・フクヤマが主宰していた米国の論壇誌『アメリカン・インタレスト』が、この10月で休刊となった。財政上の都合という。同誌は2005年に創刊され、主に国際問題を扱い、創刊後あっという間に高級誌として米論壇の一角を占めるようになった。休刊は残念だが、1つの時代が終わったということかもしれない。

同誌が発刊されたのは、01年の9.11テロの後、米国が怪しげな根拠で性急にイラク戦争に突入し世界からの信頼を失ったことがきっかけだった。米国に再び確固たる外交思想を打ち立てようと、フクヤマがイニシアチブを取った。

創刊後間もなく、世界の「反米意識」を探る特集を組み、各国の筆者に「なぜ米国は嫌われるのか」について歴史的・社会的分析を依頼するなど、国外の視点を広く取り込む編集方針が特徴だった。中国やアラブ圏なども含め各国から論客を編集委員に迎え、当時「一極主義」とか「単独主義」といわれた米国に、さまざまな異なる見方を伝えようとした。