最悪レベルの重大事故を起こした東京電力・福島第一原子力発電所では、燃料デブリ(メルトダウンを起こした原子炉の溶融燃料)を冷やすために用いた水が建屋に流入する地下水と混じり合って、大量の放射性物質を含んだ汚染水が発生し続けている。

汚染水については、ALPS(多核種除去設備)と呼ばれる装置でセシウムやストロンチウムなど62の放射性核種の大部分を取り除けるというものの、通常の水と性質の似たトリチウム(三重水素)は除去できない。このALPS処理水の扱いが、原発事故から間もなく10年を迎えようとする現在、大きな問題となっている。

ALPS処理水を貯蔵するタンクは10月22日現在、958基に上る。このままでは使用済み燃料や燃料デブリ取り出しなどの廃炉作業に支障が出るとして、国や東電はタンクのスペースを間もなく増やせなくなると説明する。そこで経済産業省は有識者委員会を設置。「現実的な選択肢」として提案されたのが、ALPS処理水を希釈して海洋に放出する方法だ。この海洋放出について、国は近く方針を決定するとみられている。