新型コロナウイルスとの戦いは、いつの間にか持久戦に切り替わった。経済活動を制限することなく、皆がマスクをして社会的距離を取ることで“普通に近い”日常生活を送っている。

当初、日本政府は短期戦を狙っていた。4〜5月は緊急事態宣言の下、人と人の接触を8割減らすことが要請された。ウイルスの媒介を抑え込めば、感染は収束させられると思われていた。しかし、短期間でコロナが収束するシナリオはもはや崩れ去っている。

無症状の感染者が存在するため、無自覚にばらまかれるウイルスを完全に防ぐことは極めて困難であるからだ。厳格なロックダウンを長期間継続すれば封じ込めは可能かもしれないが、経済を考えれば現実的ではない。世評は移ろいやすく、「経済を止めるのは痛みが大きすぎる」という声が大きくなっている。