中国発の技術が「世界標準」に。写真は7月31日、北斗システムの完成記念式典に出席する習近平国家主席(新華社/アフロ)

中国独自の衛星測位システム「北斗」が急速に精度を上げ、米国のGPS(全地球測位システム)に匹敵する実力を備えつつある。メジャーなスマートフォンではほぼ唯一「北斗」未対応だったiPhoneも最新のiPhone12からは対応チップの搭載を開始、「世界標準」の一角に食い込んだ。民用・軍事の両面で今後の基幹インフラの1つとなる領域での中国の実力伸長は、政治・経済の両面で波紋を呼びそうだ。

「北斗」開発は1994年にスタート、2000~07年に第1世代の「北斗-1」、11年に第2世代の「北斗-2」の衛星が打ち上げられ、翌年アジア周辺での運用を開始。現行の「北斗-3」は15年に衛星打ち上げが始まり、20年6月、55機目となる最後の衛星が四川省西昌衛星発射センターから打ち上げられ、7月末、当初計画より半年前倒しで世界での正式サービス開始が宣言された。これは米国のGPS、ロシアのGLONASS(グロナス)に次ぎ3番目になる。

定位精度は北米や欧州、アフリカなどでは5メートル、アジアでは2.5~3メートルで、「完全にGPSに匹敵し、部分的には超越している」とされる。また独自の機能として、利用者の端末と地上局の間を衛星経由でつなぎ、ショートメッセージ(1回当たり漢字140文字)の送受信が可能な機能を備えている。漁船の遭難などの緊急時を念頭に置いたものだという。