おおえ・しんじ 1947年生まれ。71年京都大学卒業、三井物産入社。97年同社本店繊維第三部長などを経て、2007年にゴールドウインの取締役専務執行役員。同社副社長などを歴任後、20年3月に三陽商会副社長、5月に社長就任。(撮影:今井康一)

大幅な営業赤字が続く三陽商会。経営の立て直しに向け、今年3月に招聘されたのが現社長の大江伸治氏だ。アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」を展開するゴールドウインの経営再建に携わった経験を持つ大江氏は、三陽商会をどう変えるのか。

──6月の店舗営業再開後、70%オフなどの大規模なセールを行いました。在庫圧縮ができた一方、ブランドイメージが悪化したのでは。

ブランドイメージはそうとう傷ついたと思うが、在庫処理を優先せざるをえなかった。古い在庫を処分して新しいものに切り替え、新しい商品は徹底して(定価販売の)率にこだわり丁寧に売る。こういう地道な作業をするしかない。

今後は売り方を変える。広く浅くブランドイメージを打ち出すのではなく、「このブランドといえばこれだ」という基幹商品や定番商品を重点的に作る戦略に切り替えて、品番数は大幅に削減する。

販路は直営店を増やして、ブランドの世界観をより能動的に発信する。ブランドを展開するうえで、直営店の強化がコア戦術となることはゴールドウイン時代に経験済みだ。

──当面は、売り上げの過半を稼ぐ百貨店が主要販路であることに変わりはありません。