訪日客の急増に沸いた一方、流入が止まった反動もまた大きい。観光地の人出は減った(撮影:梅谷秀司)

「景気回復は東京より遅れるくせに、落ちるときは一緒」。大阪地盤のデベロッパーの幹部が自嘲気味に話していたことが、現実味を帯びている。

リーマンショック後、大阪のオフィス市況は東京より回復に時間を要した。一因は2013年に大阪駅前に供給された「グランフロント大阪」だ。計3棟の超高層ビルで、オフィス用途の延べ床面積の合計は約23.6万平方メートル。オフィス市場は一気に飽和状態となり、当のグランフロント自身も開業時の契約率は約2割と伸び悩んだ。

オフィスを供給しても需要がない──。テナント確保に苦しむグランフロントの姿が、デベロッパー各社の脳裏に焼き付き、新築オフィスビルの供給機運はしぼんでいった。