不況に強い賃貸マンションの引き合いは強まる(撮影:今井康一)

景気が落ち込んでも、住む場所を失うわけにはいかない。ゆえに賃貸マンションは不況に強いといわれる。賃料の下落幅もオフィスに比べて限定的で、安定資産として位置づけられている。景気上昇局面では賃料の上がりにくさからほかの不動産に押され気味だったが、コロナ禍で脚光を浴びた。

だが、すべての物件が好調というわけではない。苦戦を強いられているのは、ウィークリーやマンスリーのマンションの事業者向けにサブリース(転貸)契約を結んだ物件だ。