ワイズカンパニー 知識創造から知識実践への新しいモデル(野中郁次郎、竹内弘高 著/黒輪篤嗣 訳/東洋経済新報社/3000円+税/521ページ)書影をクリックするとamazonのサイトにジャンプします。
[Profile] のなか・いくじろう 1935年東京生まれ。一橋大学名誉教授。ナレッジマネジメントの第一人者。
たけうち・ひろたか 1946年東京生まれ。米ハーバード大学経営大学院教授、一橋大学名誉教授。

本書は、経営学者の野中郁次郎と竹内弘高による世界的ベストセラー『知識創造企業』の四半世紀ぶりの続編である。ナレッジマネジメント分野では最も重要な文献の1つとされるこの前著では、新しい組織的知識がSECI(セキ)(共同化 Socialization、表出化 Externalization、連結化 Combination、内面化 Internalization)のプロセスを通じていかに創造されるかが示され、単なる情報やデータと「知識」との違いが論じられている。

そして今回の『ワイズカンパニー』では、変化の激しい世界に対処するために、さらに高次の暗黙知である「知恵」の重要性が説かれている。その中心にあるのが、古代ギリシアのアリストテレスの「フロネシス」(実践知)という概念である。

本書は、実践知が組織経営上で果たす役割に注目し、企業が知識の実践をどう行うべきなのかを説明している。