年内解散を避け、新政権の実績づくりを優先する道を選んだ菅首相(毎日新聞社/ アフロ)

臨時国会が10月26日に開幕する。菅義偉内閣での初の国会だ。就任の40日後と、首相は開会までたっぷり時間を取った。

菅体制の「生みの親」の一人といわれる自民党の森山裕国会対策委員長はインタビューで、「まず新型コロナウイルス対応をしっかりやる。経済がそうとう傷んでいるので、来年度予算の編成が重要。支持率が高いから解散・総選挙を、という話もあったが、その選択はされなかった」と解説した。首相は年内解散を避け、新政権の方向づけとそのアピール、実績づくりを優先させる道を選んだようだ。

森山氏の証言によれば、菅氏が政権獲得に踏み出したのは、安倍晋三前首相の辞意表明の翌8月29日だったという。森山氏が二階俊博幹事長らと国会運営などを協議している席に菅氏から電話が入った。その晩の8時から二階氏も交えた密談で、菅氏が「総裁選で頑張ってみたい」と告げる。二階氏が「それがいちばんいいこと」と応じ、菅氏擁立が決まった。

2週間後の総裁選で、菅氏は政権を握った。その場面で、野党のベテラン議員が、ため息交じりに「さすが自民党。今度も十八番の『振り子の原理』でポスト安倍を選出し、国民の目を自民党に向けさせた」とつぶやいた。

「振り子の原理」は、落ち目の自民党が、後継総裁選びの際、党再生の奥の手として過去に何度も活用してきた「総裁交代の知恵」である。前任者と対極の人物を担ぎ、前任者に批判的だった国民も支持層に取り込んでウィングを左右に広げる。自民党にはそれが選挙必勝・万年与党の秘訣という暗黙の合意があり、ポスト安倍でもその手を使ったのだ。