大阪大学大学院 経済学研究科教授 延岡健太郎(のべおか・けんたろう)1959年生まれ、広島県出身。81年に大阪大学工学部精密工業科卒業後、マツダ入社。米マサチューセッツ工科大学にて93年Ph.D.(経営学)取得。神戸大学経済経営研究所教授、一橋大学イノベーション研究センター教授などを経て2018年10月から現職。著書に『価値づくり経営の論理』など。

コロナ禍で、多くの中小企業が存続の危機にある。OECD(経済協力開発機構)の調査では、日本の中小企業(500人以下)における休廃業率は、5月時点で10%に達した。ただし、世界50カ国の平均は26%なので他国よりは低い。例えば、英国では43%、シンガポールは31%だ。

他方、日本は世界で最も長寿企業が多いことでよく知られている。日経BPコンサルティングの調査では創業100年以上の日本企業は3.3万社を超え、世界で最多を誇る。200年を超える世界の企業のうち、65%が日本(1340社)に集中し、2位の米国(239社)を大きく引き離す。

長年生存する企業は当然、多くの危機を乗り越えている。この点からも、コロナ禍による休廃業が比較的少ない点と整合する。日本が人の平均寿命と同様に企業の寿命も世界一なのは、長寿を尊ぶ文化ゆえか。再検討する価値はある。