世界中でブームとなっている「あつまれ どうぶつの森」(画像:任天堂)

どうぶつの森シリーズの歴史は2001年に発売されたNINTENDO64向けのソフトが始まりだ。過去作の最大のヒットは累計1200万本以上を売り上げたニンテンドー3DS向けソフトの「とびだせ どうぶつの森」(2012年11月発売)だった。

「あつまれ どうぶつの森」のユーザー層。とくに20代、30代が多い(画像:任天堂)

今回のスイッチ向け「あつまれ どうぶつの森」は3月20日の発売からわずか3カ月余りでシリーズ歴代最多の2240万本の売り上げを記録。過去最大のヒット作をあっという間に抜き去った。ファミ通調べの国内ゲームソフト販売本数ランキングでも2020年8月まで6カ月連続首位となっており、その勢いは一向に衰えない。

「『あつまれ どうぶつの森』の発売を機にユーザー層の拡大も進み、ここまでは例年以上に勢いのあるビジネスが展開できている」(古川俊太郎社長)と言うように、任天堂にとっても想定以上の大ヒットとなった。