ヒューリックの西浦会長は「社員の教育はテレワークではできない」と語る(撮影:尾形文繁)
都心・駅チカに経営資源を集中。分譲マンションや大規模ビル開発、海外進出はしない。「選択と集中」を徹底し、時価総額で三菱地所、三井不動産、住友不動産に次ぐ4番手にまで登り詰めたのがヒューリックだ。「他社と同じ事業はやらない」というモットーの下、今度は子ども教育事業への進出を発表した。
成長志向の強い同社は、リーマンショックや東日本大震災に見舞われた年でも投資の手を緩めず、以来増収増益を続けている。今回もコロナ禍に蝕まれる実体経済をよそに、「うろたえるな」と一喝。成長の源泉はどこから来るのか。ヒューリックの成長を牽引してきた西浦三郎会長に聞いた。

あたふたする必要はない

――コロナ禍で経済に不透明感が漂っています。