「対等の精神で経営統合する」と語った島忠の岡野恭明社長(左)とDCMHDの石黒靖規社長(右)

活況に沸くホームセンター業界で、ついに大手が動いた。

業界2位のDCMホールディングス(HD)は10月2日、業界7位の島忠を完全子会社化すると発表した。1株当たり4200円で島忠に対してTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化する。

今回の買収では最大で1630億円を投じる。安くはないようだが、島忠は利益剰余金1500億円超の実質無借金企業だ。純資産は約1800億円のため、負ののれんが200億円近く発生する。買い付け価格の4200円は、TOBに関する報道の出る直前の株価(9月18日終値)に45.93%のプレミアムをつけているが、かなりお買い得だといえるだろう。

両社の直近売上高を単純合算すると5836億円となり、業界首位のカインズ(売上高4410億円)を大きく引き離す。