中国紫光集団高級副総裁 坂本幸雄(さかもと・ゆきお)1947年生まれ。70年日本体育大学卒業、日本テキサス・インスツルメンツ入社。2002年にエルピーダメモリ(現マイクロンメモリ ジャパン)社長。経営破綻に伴い13年退社。19年11月から現職。(撮影:尾形文繁)
経営破綻した日本唯一のDRAM半導体メーカー、エルピーダメモリ(2013年に米マイクロン・テクノロジーが買収)。その最後の社長となった坂本幸雄氏が中国半導体大手・紫光集団の高級副総裁に転身し、中国でのDRAM国産化に向けた新たな支援に取り組んでいる。その真意を本人に聞いた。

──紫光での使命は何ですか。

日本が拠点の「設計センター」(川崎市)で最先端のDRAMを設計することだ。新型コロナウイルスの影響で始動が遅れているが、東芝やエルピーダの元社員を中心に半導体技術者が26人入ってくれる予定だ。彼らは前職では自分で自由に仕事ができないという不満を抱えてきたようだ。紫光の給料も魅力的だったのだろう。

──最先端のDRAMとはどういうものですか。