今や新車搭載が当たり前となりつつある先進運転支援システム(ADAS)。その先頭を走ってきたのがSUBARU(スバル)の代名詞ともいえる「アイサイト」だ。2008年の初代発売以来、進化を繰り返し、累計300万台を超える。

スバルはそのアイサイトで発売以来の大幅刷新となる新世代を発表。10月15日に発売した新型ステーションワゴン「レヴォーグ」から順次標準搭載していく。

スバルが10月15日に発売した新型「レヴォーグ」。先進運転支援システムの中核であるステレオカメラ(上)を含む新世代アイサイトを刷新した

新世代で目指したのは“ぶつからないクルマ”の進化。とくに交差点での衝突回避機能と高速道路での運転支援機能の拡大だ。交差点では広角、高速では遠方を検知するという相反する機能を両立させる必要があり、これまでの延長線では解決が難しかった。