ふしみ・ありよし 1965年生まれ。89年東海大学文学部卒業、90年リゾートトラスト入社。2003年に経営企画室長。07年にメディカル事業本部長。常務取締役、専務取締役、副社長を経て、18年から現職。(撮影:今井康一)
富裕層向けに会員制ホテルを展開するリゾートトラストは9月、2014年に買収したハワイの高級ホテルブランド「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」の国内初の施設を横浜に開業した。しかし、新型コロナウイルスの影響により、ホテル市場は厳しい状況が続く。どのように窮状をしのぎ、コロナ後の成長を描くのか。伏見有貴社長に聞いた。

──カハラ横浜は会員だけでなく、非会員の海外VIPによる利用も見込んでいましたが、コロナ禍で厳しい船出となりそうです。

客層構成の35%超を訪日客と計画していた。入国規制の緩和や、東京五輪の開催可否にかかわらず、(訪日客の動向は)あと1〜2年厳しい。しかも、(国を挙げて)訪日客4000万人を目指していたため、まだまだ(着工済みの)ホテルが増えている。供給増を踏まえれば、5000万人くらい来てもらわないと、客室稼働率は厳しい水準が続くだろう。

──会員制施設の顧客網を活用し、状況を打開することはできますか。