なかがわ・じゅんいちろう 1973年生まれ。博報堂、雑誌ライター、編集者などを経て現在に至る。近著に『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。 オフィスなどにお金をかけないことがセミリタイアには重要という

47歳になった日の10日後、2020年8月31日に私はセミリタイアをした。それまでは編集者・ライター・PRプランナーをしていた。この中で残す仕事はライターのみで、労働時間は25〜30%になる。これまで年間労働日数364日という生活を14年間してきたため、通常年間240日働くと換算すれば、54〜55歳まで仕事をしたことになる。今後25〜30%の仕事をすれば、たぶん貯金の面で何とかなる。

セミリタイアは40歳のときに決めた。「東京五輪を取材したら終わり」という考えだった。五輪は延期されたが、7年前から宣言してきただけに先送りはしない。

40代は貧乏くじ世代

私の生まれた1973年は第2次ベビーブームの中でも最も人数が多い209万人が生まれ、受験は熾烈を極め、氷河期の就活では苦戦する者が続出。数年前であれば1部上場企業に正社員で入れたであろう人材が中小企業に入り、想定よりも低賃金で働いたり、非正規労働者になったりした。