やまぐち・けんじ 1968年生まれ。93年東京大学大学院修了、ファナック入社。2007年本社工場長、08年専務、12年副社長、16年社長兼COOおよびFA事業本部長を経て19年4月に社長兼CEO。20年4月からCIOも兼務。
産業用ロボット世界4強の一角を占め、「黄色いロボット」で知られるファナックが、今年6月に「白いロボット」の出荷を始めた。「白いロボット」は、安全柵を必要とせず人間と並んで作業ができる協働ロボットだ。どのような狙いがあるのか。山口賢治社長に聞いた。

──白いロボット「CRXシリーズ」の売れ行きは?

6月に出荷を開始したが、現在は生産が追いつかず顧客に待っていただいている状況だ。2019年12月の展示会で初めて披露した際には非常に多くの顧客に興味を持ってもらい、期待の高さは認識していたが、ふたを開けてみると予想以上に引き合いが強い。

──工場の設備増強も必要ですか。