テスラのイーロン・マスクCEO。9月22日には3年以内に260万円のEVを造ると宣言した
週刊東洋経済 2020年10/10号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

 

プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待
業界地図
拡大する
『会社四季報 業界地図』2021年版

次世代自動車

自動運転レベル3が国内解禁

100年に一度の変革期にある自動車業界。キーワードを挙げると「CASE」。コネクティッド、自動運転、シェアリング、電動化の頭文字をとった造語だ。電動化は電気自動車の普及が焦点。プラグインハイブリッド車といった混合技術を含め電動化が着実に進む。自動運転では、2019年4月に世界に先駆けて日本で規制が緩和され、レベル3の自動運転車の販売が認められた。