きたむら・きみお 1961年生まれ。84年早稲田大学卒、西武鉄道入社。2010年西武ホールディングス取締役、15年近江鉄道社長。20年から現職。(撮影:尾形文繁)

首都圏の鉄道会社で鉄道が赤字になるという経験はほぼどの会社もなかったはず。鉄道会社としてはお客様に電車に乗っていただかないと困る。そのために新型コロナウイルス対策をしっかりと行うことが第1だが、次に行うべきことはお客様に出かけてもらうこと。待っているだけではお客様は電車に乗ってくれない。出かけたくなる動機づけが必要だ。当社では9月に所沢駅に商業施設をオープンした。球場や遊園地もリニューアル中だ。さらに西武グループ内だけでなく、地元のコミュニティーや自治体ともっと協力していきたい。沿線の隠れた魅力を引き出して、ほかの沿線からどんどん訪れてもらえる仕掛けをつくりたい。