全線で運転を再開した豊肥本線を走るJR九州の特急「あそぼーい!」(提供:JR九州)

2016年4月の熊本地震の影響で一部区間が長期の不通となったJR豊肥本線が8月8日、全線で運転を再開した。10月には国道57号も復旧工事が完了して開通し、九州を代表する観光地である阿蘇エリアへのアクセスが格段に改善することになる。

豊肥本線は熊本と大分を結ぶ148キロメートルの路線。とくに地震の被害が大きかったのが肥後大津─阿蘇の27キロメートルで、列車の進行方向を2回転換して山の斜面を上る「立野のスイッチバック」や外輪山に囲まれた緑豊かな田園風景が観光客に人気だった区間だ。

熊本地震とその後の大雨で線路やトンネル、駅など約50の鉄道施設が被災した。復旧に時間を要することになった原因が、沿線の複数箇所で発生した山崩れだ。落橋した阿蘇大橋の付近では山の斜面が長さ700メートル、幅200メートルにわたって崩壊。並行する国道57号とともに大量の土砂に埋もれた。