新型コロナワクチンの臨床試験が海外で進む。写真は中国企業のシノバックがブラジルで治験中のワクチン(ZUMA Press/アフロ)

新型コロナウイルスのワクチン開発をめぐり、中国では早ければ11月にも一般人への投与が可能との見通しが語られ始めた。層の厚い開発力、生産力を武器に開発したワクチンで、国際的な影響力を高めたい思惑だが、新たなワクチンの海外への提供には難問も多く、一筋縄ではいきそうにない。

「現在、中国の4種類のワクチンが第3相臨床試験に入っており、経過は順調。早ければ11月にも一般人への投与を開始できる」。9月14日、ワクチン開発に携わる責任者はテレビ番組でこのように語った。第3相臨床試験とは、ワクチンを実際に人に投与して効果や安全性を試すもので、いわば最終確認の段階だ。しかし現状、中国国内では新型コロナ感染者は国外からの入国者を中心に散発的に確認される程度。そのため国内では臨床試験が行えず、感染状況が深刻なブラジルや中東諸国などで実施しているのが実情だ。