リニア静岡工区着工をめぐる問題は、解決の糸口さえ見えない。国土交通事務次官まで乗り出して交渉に当たったが、川勝平太静岡県知事の厚い壁に跳ね返された。国はなすすべを失ったかのようだが、実は県から文句の出ない最強の“秘策”がある。

トンネル本体と無関係の「準備工事」さえ認めない川勝知事の強硬姿勢の源は、河川法に基づく河川占用の許可権限。1級河川である大井川168キロメートルのうち、駿河湾から上流約26キロメートルを国、そこから源流部まで約142キロメートルを県が管理する。リニアトンネル建設予定地の西俣川、大井川(分岐点から東俣川と呼ぶ)は県管理であり、河川に工作物を新設する場合、JR東海は知事の許可を得なければならない。ところが、トンネル地下400メートルの大深度を走るにもかかわらず、川勝知事は中下流域の「利水上の支障」を盾に認めない。どうすればいいのか。

路線計画図(前出記事の図表を再掲)を見てほしい。リニアのトンネルは静岡県に入ると、県管理の東俣川、西俣川の2カ所を通過するが、そこだけではない。西俣川の支流の蛇抜沢、西小石沢、小西俣川の「普通河川」3カ所も通過する。普通河川であってもJR東海は工事に際し許可申請が必要となる。普通河川は静岡市が管理し、市条例が適用されるから、知事ではなく田辺信宏静岡市長の許可が必要となる。