智剣・Oskarグループ CEO兼主席ストラテジスト 大川智宏(おおかわ・ともひろ)1982年生まれ。野村総合研究所、JPモルガン・アセット・マネジメント、クレディ・スイス証券、UBS証券を経て現職。定量分析に強い。(撮影:尾形文繁)

経済・業績の方向性と、株価の方向性は今、真逆になっている。東証1部上場企業の利益予想は、2月末からコロナ禍の影響を受けて下がり始め、今はその頃より3割近く悪化している。にもかかわらず足元の株価は2月末よりも高い。矛盾が生じている。理由は過剰流動性だ。米国を中心に世界の中央銀行が大規模な金融緩和を行っている。

足元の全体観としてまず押さえておくべきは、リスクオンの相場ではないということ。投資家が積極的にリスクを取ってリターンを追求している相場ではない。