東海東京調査センター 市場調査部 シニアエクイティマーケットアナリスト 仙石 誠(せんごく・まこと)1982年生まれ。東海東京証券の支店営業、市場分析アナリストのアシスタントを経験後、東海東京調査センターに入社。株式市場分析を担当。テレビ東京や日経CNBC、ラジオNIKKEIなどに出演。

日経平均株価は年末までに2万6000円程度まで上がるとみている。

その理由は大きく3つある。

まず、今の株価上昇の支えとなっている大規模な金融緩和が、世界的にしばらく続くだろうということ。今年後半の最大のイベントは米大統領選挙だが、トランプ氏とバイデン氏のどちらが勝っても米国の金融緩和の方向性は変わらない。FRB(米連邦準備制度理事会)が2022年までは緩和を継続するスタンスを示している。

また、コロナ禍という未曽有の経済危機にある中、緩和を解除するタイミングは遅くなるのではないか。13年のバーナンキショックのように、FRB議長が緩和縮小を示唆してマーケットを動揺させるようなこともないとみている。資金が大量に供給される市場環境はしばらく続く。