イラスト:タナカケンイチロウ
週刊東洋経済 2020年9/26号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

「企業の実力とは関係なく株価が下がっていたので『今なら儲かる』と考えて、3月中旬に投資を始めた。含み益は足元で(投資額に対し)60%。時間をかけず投資額を倍にしたい」

そう話すのは会社員の30代男性。証券口座は以前に開いていたが、「投資の知識があまりないし負けたくもない」と、売買はしていなかった。そこに起きたのが新型コロナウイルスの感染拡大を受けた世界的な株急落。男性は昨年末まで株価が右肩上がりだった銘柄の中から、コロナ禍でもビジネスモデルが影響を受けないと思う企業を選び、医療情報サービスのエムスリー株などに投資した。

個人の資産運用はコロナ影響でどう変化したのか。本誌が実施した独自アンケートでは、回答した約6000人の2割がコロナ禍を機に資産運用を始めたり再開したりしていた。「日経平均が大幅下落し資産運用を始めるいい機会と思った」「コロナ禍で株が激安セールだったので追加投資した」(ともに40代男性/会社員)など、株急落を投資の好機と捉えた人は多かった。

外出が減り投資を勉強

そのほかに目立った回答は、「在宅時間が増え、新聞をじっくり読んだり、インターネットで情報を目にすることが増えたりして、資産運用に興味が湧いた」(50代女性/主婦)というもの。コロナがもたらした生活環境の変化は投資意欲を高めたとみられる。

6月に投資を始めた30代女性の場合、コロナ感染拡大で休日の外出や趣味だった旅行を控えることになり、浮いた時間を投資の勉強に充てた。管理栄養士として職に就いているが満足できる給与水準ではないため、第2の収入源となるものをちょうど探していたところだった。