週刊東洋経済 2020年9/26号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

「妻と一緒に4月に株式投資を再開した。テレワークで在宅時間が増え、投資について考える時間ができた」。Tさん(30代男性)はそう語る。

株式投資を始める人、再開する人が増えている。インターネット取引の月間新規口座開設数は今年2〜7月に6カ月連続で20万超(日本証券業協会調べ、主要15証券)。過去10年にない高水準だ。

上の折れ線グラフは日経平均株価の推移。1月高値から3月安値へ32%も下落したが、半年後の9月には1月高値に迫る水準まで回復した。3月安値からの上昇率は44%に達した。日経平均が2万円だった4月に投資を始めたIさん(30代男性)は頬が緩む。3月下旬に始めた妻ともども「かなりの含み益」だという。

ただし日経平均は6月以降、上昇が鈍い。9月上旬には米国株が急落した。株式市場は新型コロナの影響を見定めようとしている。

コロナで人々のニーズや企業の行動は大きく変わった。これからの株式投資は、よりシビアな銘柄選別が欠かせない。上場約3800社の業績予想を網羅する小社刊『会社四季報』最新号の情報も併せ、株式投資の基礎から実践までを徹底解説する。

プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待
業界地図
拡大する
『会社四季報 業界地図』2021年版

証券・ネット証券

手数料依存の事業モデル崩壊

対面・ネットともに顧客の高齢化が進み、売買頻度が低下。ネット証券の低価格競争も限界を迎えており、収益柱だった株式委託手数料がかつての水準に戻ることはない。家庭の現預金取り込みでカギとなるのは、裾野の拡大と高度なアドバイスの提供だ。対面各社は非上場株への投資や、高度な保有資産分析など機関投資家向けに提供してきたサービスを個人投資家にも提案する。