米中は互いの戦力を誇示して緊張を高めている。写真は南シナ海で発着訓練を行う中国の空母「遼寧」(ロイター/ アフロ)

安倍晋三首相の突然の辞意表明以降、日本では「ポスト安倍」の話題がメディアを独占したが、同じ時期にアジアの海では米中が互いの戦力を誇示して緊張を高めていた。

8月下旬から中国は「三大海域実戦訓練」と名付けられた実弾使用の軍事演習を実施。青島と連雲港、そして海南島の沿岸で行われ空母「遼寧」の艦載機「殲-15(J-15)」がミサイルを積んだ状態で着艦し燃料と酸素を素早く補給して再離艦する訓練や、7機で編隊飛行する様子などが伝えられた。

米軍は一連の演習に合わせ偵察機を派遣。これを嫌った中国が南シナ海に弾道ミサイル「DF-21(通称・空母キラー)」、「DF-26(同グアムキラー)」を4発撃ち込んだ。

米軍の執拗さも際立った。海軍は対潜哨戒機P-3CとP-8A、EP-3E電子偵察機と空中給油機、空軍はU-2偵察機を、陸軍も民間機を改造したチャレンジャー650を送り込んだ。

これと同じ時期、米韓の軍事訓練のためとしながら最新鋭の爆撃機6機(ともに戦略爆撃機のB-1BとB-2がそれぞれ4機、2機)を朝鮮半島に集め、中国にプレッシャーをかけた。