はしもと・えいじ 1955年生まれ。79年一橋大学商学部卒業、新日本製鐵(現・日本製鉄)入社。88年米ハーバード大学ケネディ公共政策大学院修了。2011年執行役員、13年常務執行役員、16年副社長。19年4月から現職。
日本の鉄鋼産業が窮地に立たされている。米中貿易摩擦で需要が減少する反面、中国の生産拡大で原材料価格が高止まりし、2019年度は高炉メーカーが巨額赤字を計上した。20年度もコロナ禍が直撃し2年連続の赤字が避けられそうにない。日本製鉄の橋本英二社長が会見で足元の状況や今後の立て直し策について本誌などの質問に答えた。

──鉄鋼業界は厳しい事業環境が続いています。

鋼材需要は4~6月を底に数量的には回復基調だが、水準は低い。マージンも低いままだ。日本国内での単体の製鉄事業は赤字が継続し、かつ拡大している。

2月には国内拠点の構造改革計画(23年9月末までの呉製鉄所閉鎖など)を発表したが、その前提よりもさらに厳しくなっている。決定済みの対策の前倒し、追加の対策が必要だ。検討に入っており、しかるべき時期に公表する。

──日本全体の年間粗鋼生産量は近年、約1億トンでした。今年はコロナ禍で8000万トン台に減少する見通しです。この先はどの程度の水準を想定していますか。