LIFESPAN(ライフスパン) 老いなき世界(デビッド・A・シンクレア、マシュー・D・ラプラント 著/梶山あゆみ 訳/東洋経済新報社/2400円+税/589ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] David A. Sinclair ハーバード大学医学大学院で遺伝学の教授として終身在職権を持つ。老化の原因と若返りの方法に関する研究で世界的に有名な科学者。起業家。
Matthew D. LaPlante 報道記事ライティングを専門とする ユタ州立大学准教授。

本書は、米ハーバード大学医学大学院教授で長寿と加齢研究の世界的権威であるデビッド・A・シンクレアらによる、われわれの生命観と人生観を覆す、まったく新しい生命科学書である。

本書の要旨は、「老化は自然の摂理ではなく病気で、治療によって治すべきだし、実際に治すことができる」というものだ。もちろん、2000年前に秦の始皇帝が不老不死の薬を求めたような怪しげな話ではなく、老化のメカニズムの解明という最新の研究成果を踏まえたものである。

その科学的根拠となるのが、長寿遺伝子のひとつ「サーチュイン遺伝子」だ。この遺伝子を活性化させる化学物質の研究を行っていた著者らは、遺伝子の修復機能にNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)が重要な役割を果たしており、この物質の前駆体(生化学反応において特定の生成物の前段階にある物質)を投与することで老化した細胞が若返ることを発見したのである。