差別事件の現場となった、トーランス市内のウィルソンパーク

カリフォルニア州トーランス市。住民の約4割がアジア系であるこの市にあるウィルソンパークの中を歩くと、日本語、中国語、韓国語、スペイン語など、さまざまな言葉で話す声があちこちから聞こえる。園内で散歩やスポーツを楽しむ人々の圧倒的多数は、非白人だ。

6月10日、この公園がアジア人差別事件の現場となった。園内の階段でエクササイズをしていたアジア系の女性、シェリアン・ブルスコさんが、リーナ・ヘルナンデス(54)という女性から「ここから出て行け、国に帰れ。出て行かないと、ひどい目に遭わせるぞ」と、いきなり脅されたのだ。11歳と2歳の子どもを連れたアジア系の男性も、ヘルナンデスから「チャイナマン」と罵声を浴びせられ、「あなたはここにいるべきではない」と詰め寄られた。

被害者たちはその状況を個々に録画しており、生々しい差別発言を含む動画がSNSで拡散された。

ビデオの中で、憎しみをむき出しにして叫ぶヘルナンデスは、その言動が録画されていることを知りつつも、まったくひるむことなく被害者を罵倒し続けていた。