はやし・きんご 1961年生まれ。84年京都大学法学部卒業、中部電力入社。販売本部市場調査グループ部長、お客さま本部部長、執行役員東京支社長、専務執行役員販売カンパニー社長などを経て2020年4月から現職。(提供:中部電力)
電力需要は国民生活や産業構造の変化を映し出す鏡だ。足元では新型コロナウイルス禍で大きく落ち込む一方、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出が少ない電力への需要は高まるばかりだ。業界大手として、次の時代に向けてどのように戦略を組み立てていくのか、中部電力の林欣吾社長に聞いた。

──コロナ禍で電力需要はどのように変化していますか。

当社エリア(愛知、静岡、岐阜、三重、長野)の2020年度第1四半期(4〜6月)の電力需要は前年同期比9.1%減と落ち込んだ。家庭用が中心の低圧分野では0.4%増だったが、高圧・特別高圧合計のうち、工場などの産業用分野では13.8%も減少した。最も落ち込みが大きかった5月を底に徐々に回復へ向かいつつあるが、簡単には元に戻らないだろう。

──電力業界は小売り自由化や発送電分離を機に変革期を迎えています。どのような手だてで収益の維持・向上を行っていきますか。