南シナ海を航行する米空母「ニミッツ」と「ロナルド・レーガン」。空母が2隻も同時に南シナ海で演習を行うのは2014年以来のこと(U.S. Navy/AP/アフロ)
週刊東洋経済 2020年9/19号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

米国のジャーナリスト、バーバラ・W・タックマンの『八月の砲声』は、第1次世界大戦の開戦の経緯を描いた古典だ。1914年6月にセルビアの青年がオーストリア=ハンガリー帝国の皇太子を暗殺。そこから同年8月にかけて欧州列強が誤解と相互不信によって、誰も望まなかった総力戦に突入した様子を活写している。

刊行されたのは米ソが核戦争直前まで行ったキューバ危機のさなかの62年だ。本書に大きな感銘を受けて米大統領、ジョン・F・ケネディはソ連のフルシチョフ首相との対話を決断し、最悪の事態を回避することに成功したとされる。

現在、この名著を引いて米中に自制を呼びかけているのが、オーストラリアのケビン・ラッド元首相である。外交官出身のラッド氏は中国語に熟達し、米中双方の指導層に知己が多い。

ラッド氏は米『フォーリン・アフェアーズ』誌に寄稿した「アジアでの8月の砲声に気をつけよ」という論文で「朝鮮戦争以来の米中の武力衝突の危機が迫っている」と警告した。米国では大統領選挙、中国では権力闘争によって政治が不安定化していると指摘、「今後の数カ月間を安全に乗り切ることが何より大事だ」と訴えた。