みらいワークスは日本人材機構から人材紹介事業を承継

地方の中小企業の生産性向上を目標に、都心の大手企業で働く人材を地方企業に送り込む──。そうした目的で2015年、政府主導で設立されたのが日本人材機構だった。山中進さん(仮名、50代)も日本人材機構に誘われ、地方企業に転職した一人。都心の大手流通企業や外食企業を経て、19年に地方の老舗中堅食品メーカーに転職した。背中を押したのは、「経営の第一線で働き続けたい」という思いだった。

高まる地方転職熱