中堅自動車メーカーの吉利汽車(ジーリー)は8月17日、2020年1〜6月期決算を発表した。今年上半期の業績は新型コロナウイルス流行の影響を受け、売上高は368億2000万元(約5633億円)と前年同期比23%減少。純利益の落ち込みはさらに大きく、同43%減の22億9700万元(約351億円)にとどまった。

同社は決算発表と同時に、20年の販売目標を従来の141万台から132万台に下方修正した。理由として同社は、中国市場で「コロナ後」の新車販売の回復が想定より遅れていることや、世界経済の先行きがなお不透明であることなどを挙げた。

吉利は決算報告書の中で、20年は同社の創業以来最も困難な1年であるとし、厳しい経営環境が下半期も続くと予想している。これは競合他社も同様だ。中堅メーカーの長城汽車は20年の販売目標を8%、国有大手の広州汽車集団は5%、それぞれ引き下げた。

中国汽車工業協会のデータによれば、20年1〜7月の中国市場の乗用車販売台数は953万3000台(訳注:メーカー出荷ベースの販売台数)と、前年同期比18.2%減少した。新型コロナの流行が落ち着いた4〜6月期に自動車市場は息を吹き返したが、カテゴリー別では外資系ブランドの高級車が販売を伸ばし、中国ブランドの大衆車のシェアはむしろ低下している。

(財新記者:鄭麗純、原文の配信は8月17日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。
プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待