中国の動画配信大手の「愛奇芸」(iQIYI、アイチーイー)は8月13日、2020年4〜6月期決算を発表すると同時に、2つの事実を公表した。

1つ目として、同社が米証券取引委員会(SEC)の調査に協力している事実を初めて認めた。2つ目は、6月末時点の有料会員数が3月末時点より1400万人も減少したことである。これらを受けて、米国のナスダックに上場しているiQIYIのADR(米預託証券)は時間外取引で一時18%以上急落した。

同社に関しては今年4月、米国の投資会社ウルフパック・リサーチが「売上高や会員数を水増ししている」と告発する調査リポートを発表。iQIYIは「開示しているすべての財務および業務データは真実であり、SECの要件を満たしている」と疑惑を全面否定していた。

なお、4〜6月期の売上高は74億1200万元(約1141億円)と前年同期比4.25%増加、純損失は14億3800万元(約221億円)と同37.59%減少した。この業績自体は堅調だが、有料会員数はすでに天井を打ったとの見方が出ている。

さらにiQIYIのオンライン広告業務の売上高は4〜6月期は15億8600万元(約244億円)と前年同期比27.9%もの大幅減を記録した。SECの調査の行方だけでなく、7〜9月期以降の業績の先行きも不透明感が増している。

(財新記者:関聡、原文の配信は8月14日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。
プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待