M&A専業としてのこだわりを見せるGCAの渡辺代表(撮影:今井康一)

大企業のM&Aや海外とのクロスボーダー案件などを手がけるGCAが、2019年6月にGCAサクセションという専門子会社を設立し、中小企業向けの事業承継市場に本格参入した。

ターゲットに据えたのは大型と小型の中間、譲渡金額が50億円規模のM&A案件だ。

中小企業向け事業承継に参入した理由を、GCAの渡辺章博代表取締役は「エコシステムづくり」と説明する。欧米では事業承継が済んだ後、創業家が資金を子孫に残すために、ベンチャー企業に投資する文化がある。その結果、スタートアップ企業に資金が流入し、企業の新陳代謝が進みやすい。そうした資金の流れ(エコシステム)を日本でもつくり、創業者を「リスクマネー供給の担い手にする」というのが渡辺代表の狙いだ。