ふくたに・なおひさ 国際基督教大学教養学部卒業後、三井銀行入行。大手金融機関でM&Aアドバイザリー業務に従事した後、現職にて多様なM&A案件にアドバイスを行う。
週刊東洋経済 2020年9/12号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

銀行員時代から現在に至るまで、100件以上の事業承継に携わってきたPwCアドバイザリー合同会社の福谷尚久パートナー。その豊富な経験を基に、事業承継における重要な20のノウハウを実践形式でまとめた『会社の終活』(共著)を出版した。中小企業の事業承継、中でもM&Aを成功させるための秘訣について話を聞いた。

──中小企業の事業承継、M&Aが活発化しています。

社会的な環境が整ってきたことが大きい。大手金融機関だけでなく、会計士や税理士、専門業者なども知見を得て手がけるようになり、事業承継の世界でもM&Aが普及してきた。その結果、M&Aに対する「乗っ取り」のイメージが払拭され、経営者の抵抗感も薄れてきたのではないか。一方で、法制度も整いつつあり、M&Aが加速している。

『会社の終活』(中央経済社)。実際の事業承継案件を基にしたノウハウが満載(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。)

──大企業のM&Aと中小企業のM&Aとでは違いがありますか。

手法は同じだが、中身は大きく違う。大企業の場合、売却する相手としてふさわしいのは、最も高い価格をつけてくれる企業。しかし中小企業の場合、従業員や取引先を大事にしてくれるかどうかという面も大きい。そういう意味で大企業は「理」だけでいいが、中小企業は「情と理」の両方がそろわなければうまくいかない。

相手をリスペクトする

──そうした中小企業のM&Aによる事業承継を成功させるには、どうすればいいのでしょうか。