なかぞら・まな 1991年慶応義塾大学経済学部卒業、野村総合研究所に入社。97年野村アセットマネジメントでクレジットアナリストに。社債や国債を分析。モルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券を経て、2008年10月からBNPパリバ証券クレジット調査部長。11年から現職。(撮影:尾形文繁)

世界中の中央銀行による金融緩和に支えられ、堅調な株式市場と安定的なクレジット(信用)市場が長らく続いている。むしろ、何がこの平静を破るのか、あれこれ想定しなければならない時期が来ているといえよう。地政学的リスクや米大統領選挙、誰もが知る大企業のデフォルトの可能性などマーケットを冷やす要素はあるが、どれも一過性に見え、金融市場が大崩れするようなリスク要因としては、指摘できない。

そんな中、注意すべきは、規制などの変更によって、リスクが先送りされていることではないだろうか。例として米国の金融機関に絞って考えてみよう。

空前の巨額支援のツケ

金融システムを守るため、米国の金融機関は強いサポートを受けた。その結果、目先の投資妙味は絶大なものになった。