世界に大きな影響を及ぼす米中関係の今後は、両国のリーダーが誰になるかで決まる。

米国の大統領選挙まであと2カ月。よほどの異常事態とならない限り、現職のトランプ大統領か野党・民主党のバイデン前副大統領のどちらかが2021年1月20日に就任式を行うことになる。一方の中国については、習近平国家主席が生涯権力を掌握し続けるとの見方がもっぱらだ。確かに中国最高指導者の交代は一見すると考えにくいが、ありえないことではない。というわけで、今後の米中関係については次の4つのシナリオを考えておかなければならない。

第1は、バイデン氏が大統領となり、中国では習近平体制が長期にわたって続くシナリオだ。バイデン氏は今年、外交専門誌『フォーリン・アフェアーズ』に寄稿し、米国の世界的なリーダーシップおよび同盟関係の修復を外交上の優先課題に掲げた。バイデン氏が大統領になれば、扇情的な中国攻撃を目にする場面は減ってこよう。