週刊東洋経済 2020年9/5号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

「お酒を交えながら楽しく情報交換をするのが好きだった。今も仲間が誘ってくれるが、毎回断るのが忍びない」

今年1月に胃がんの手術をした50代の男性は、長年企業の広報担当を務め、仕事仲間と会食をする機会が多かった。しかし手術後は、食べられないものがあったり、食べたものが逆流してしまうことがあったりするため、誘われてもつい二の足を踏んでしまう。

未経験者の多くが誤解しがちだが、がん治療は手術をしたらそれで終わりというわけではない。多くの患者は抗がん剤など薬物療法に加え、再発・転移の可能性や後遺症などとの闘いを続けている。それまで寿命など意識していなかった人でも、「5年生存率」を当てはめられ、孤独と不安の日々が続く。

がんを発症していない人も無関係ではない。新型コロナウイルスの影響で検診や検査を控える人が増え、がんの発見が遅れることも懸念されている。

コロナ禍で健康への意識が高まっている。科学的根拠のない医療情報にだまされてはいけない。治療法や予防法が玉石混淆である今だからこそ知っておきたい、がん治療の「正解」をお届けする。

プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待
業界地図
拡大する
『会社四季報 業界地図』2021年版

医薬品

国内は薬価下げ続く。海外拡大できるか

国の薬価抑制策を受け、国内医薬品市場は厳しくなる一方だ。成長が続く欧州・米国に活路を見いだせなければ生き残れない。19年初め、売上高で国内首位の武田薬品工業がアイルランドのシャイアーを6兆円超で買収。先細りが見えていた新薬候補を補った。ほかの国内大手からは追随する動きは出ていない。後発薬市場は「数量シェア80%」という国の目標に近くにつれ伸びが鈍化。