3月発売の新作『あつまれ どうぶつの森』は巣ごもり下で大ヒットとなった(提供:任天堂)

「巣ごもり消費」を追い風に任天堂の快進撃が止まらない。

任天堂が8月6日に発表した2020年4〜6月期決算は、売上高が前年同期比約2.1倍の3581億円、営業利益は同約5.3倍の1447億円と、4〜6月期としては過去最高を記録した。

20年3月に発売した『あつまれ どうぶつの森』(あつ森)を筆頭に、ニンテンドースイッチ向けの家庭用ゲームソフトの販売が絶好調だった。あつ森以外にも、既存作品を含む9タイトルが100万本以上のヒットとなったことが要因だ。

ソニーの「プレイステーション4」向けに新作タイトルを発売したスクウェア・エニックスやカプコンなどのゲーム関連各社は、4〜6月期にいずれも増収増益となったが、中でもあつ森の好調ぶりは際立っている。

あつ森は、無人島にプレーヤーが移住し、どうぶつたちと交流しながらその暮らしを楽しむというものだ。あつ森内の仮想空間ではほかのプレーヤーなどと交流でき、より長く遊び続けてもらうための工夫が高評価を得た。